• 応募要項
  • 審査委員プロフィール
  • Q&A

審査委員プロフィール

安部 裕美
安部 裕美/HIROMI ABE 繊研新聞社
東京都出身。
筑波大学社会学類法学主専攻卒業後、繊研新聞社に入社。
編集局・大阪編集部に配属。
素材・テキスタイル担当を経て、現在、レディス服、子供服を担当する。

コメント

コンテストを意識しすぎて、枠に捉われないで。無理して複雑な素材やテクニックを盛り込む必要はありませんし、それは見る側に透けて見えてしまいます。今まで見たことのないような新しいもの、美しいもの、何よりあなたらしいデザインに出会えるのを待っています。
今井 啓子
今井 啓子/KEIKO IMAI NPO法人ユニバーサルファッション協会名誉会長
「ハイファッション」(文化出版局)の編集者を経て、高島屋商品本部でファッションコーディネーターとして活躍。
ニューヨーク大学院でウェルネス(健康学)を学んだ後、資生堂で、ザ・ギンザ取締役、企業文化部ファッションディレクター等を務める。
2001年 SUDI(湘南くらしのユニバーサルデザイン商品研究室)を設立。
2003年 「毎日ファッション大賞鯨岡阿美子賞」を受賞。
現在、タイ王国 商務省モード商品顧問を務める。
著書 「ウエルネスライフの奨め」「近代日本服飾史」「ファッションのチカラ」(ちくまプリマー新書刊)
共著 「暮らしのウエルネス事典」「実用 服飾用語辞典」「ユニバーサルファッション宣言」「オヤノタメ商品 100兆円プラチナエイジ市場を動かした!」

コメント

どんな分野に於いても、デザインをする人は、まず、自分自身を創り上げてきた「根の構造」が、一体どこにあるのかを、はっきりと意識することから始まります。コンテストでは、そのデザイナーがこれまで積み上げながら丹精してきた独自の「美の意識」、その知的なあり方の総体が、今回のデザイン表現であり、他者のものと競うのです。ご自分の意識の中に「溢れ出る美しさ」のイメージを、思いっきりぶつけてみて下さい。
有働 幸司
有働 幸司 / KOJI UDO ファッション デザイナー
1971年生まれ 熊本県出身
1989年 東京モード学園入学
1992年 株式会社BEAMS 入社
退社後ロンドンに単身留学、留学中にヨーロッパ一周を実施
1998年帰国後、国内ブランドの立上に参加
2004年独立し、FACTOTUMを設立
2006年 東京コレクション メンズラインでデビュー
2014年 第一回TOKYO FASHION AWARD受賞
2015年 VALLIS by FACTOTUM、FACTOTUM JEANS発表

コメント

私も同じデザイナーとして服を創作する楽しさと苦しさを両方知ってます。服に完成はない。皆さんが生み出した服、これからも生み出していく服。その階段の途中を見れる今回のコンテスト、楽しみにしてます。
児島 幹規
児島 幹規/MIKINORI KOJIMA 装苑 編集長
1968年 岐阜県生まれ。
1992年 専修大学経済学部経済学科卒業。
1992年 世界文化社入社。
2004年 『Begin』編集長に就任。
2009年 『MEN’S EX』編集長に就任。
2013年 10月1日より学校法人文化学園に入社。
同時に文化出版局 雑誌事業部 事業部長 兼 編集部部長 兼 『装苑』編集長に就任。
毎日ファッション大賞、Tokyo新人デザイナーファッション大賞、浜松シティファッションコンペ、コッカプリントテキスタイル賞『inspiration』ほか、文化学園内のコンテスト等の審査員を務める。

コメント

衝動をカタチにしてください。人の気持ちを動かす作品には、美しさは当然、唯一無二の強さがあります。見たことがない何かを期待しています。
鷺森 アグリ
鷺森 アグリ/AGURI SAGIMORI ファッション デザイナー
大阪府出身。
1985年 大阪生まれ
2007年 バンタンデザイン研究所卒業
同年、新人デザイナーファッション大賞優秀賞 受賞
2008 autumn&winter collection AGURI SAGIMORI デビュー
2010 spring&summer collection にて Vantan Tokyo パリ合同展示会参加
同年、毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞 受賞
2016 autumn&winter collection より、agris リ・スタート。(AGURI SAGIMORIより改名)
2016年 鷺森アグリを中心としたクリエイティブプロジェクト[abooks]スタート

コメント

コンテスト用につくるのではなく「あなたにしか出来ない事」を創作してみてください。 新しい何か、と出会える事を楽しみにしています。 またこの機会を存分に楽しんでください。

page top